サイエンスショット:天の川は波をやる

サイエンスショット:天の川は波をやる

天の川の一部の星は、「波」を演奏しているようだと、新しい研究が示唆している。この発見は、地球の6500光年以内にある70,000以上の赤い巨星の動きの分析から来ています。これは一方向では銀河の中心までの距離の約4分の1に達する距離です。銀河の中心を横切る水平面の上には、太陽よりも銀河の中心に近い星があり、一般的には1秒あたり10キロメートル以下の速度で飛行機から離れる。一方、銀河中心から太陽より遠くにあるものは、飛行機に向かって移動している場合があります。場合によっては、毎秒17キロメートルもの高速です。すべて一緒に、 チームによって観察される動きの複雑さは、それを通過する音波を伴うガス中の分子の間で見られるものと同様である 研究者らは今月、 王立天文学会の月報 。今のところ、これらの異常な動きの理由は明らかではない、と研究者らは指摘する。 「波」は、実際に小さな仲間の銀河との衝突によって引き起こされた波紋であるかもしれません。銀河のような銀河系の渦巻き腕(上記の芸術家のコンセプト)が宇宙を通り抜ける際に引き起こされる圧力の摂動から生じるかもしれません回転する。

続きを見る 科学 ショット

Loading ..

Recent Posts

Loading ..