マニフェストは欧州の科学的境界を崩壊させる

マニフェストは欧州の科学的境界を崩壊させる

ブリュッセル- 10年以上にわたり、欧州の政治家や研究リーダーは、科学者が国境を越えて同僚と働きやすくし、EU内で移住することをより容易にする必要性について話してきました。しかし、話しにもかかわらず、「研究のための自由市場」という概念はあまり進展していない。

現在、欧州議会(MEP)の2つのメンバーは、E.Uを強制する法的拘束力のある措置をとるよう提案している。この考えを真剣に受け止める国々。しかし、10月16日の会議でここに発表された彼らの提案は、大学や研究資金提供者からの穏やかな反応を引き出した。

この提案は、異なる政治面の2人のイタリア人MEPから来ている。ルイジ・ベルリンジャー(民主党元首)と議会調査委員会の保守派議長であるアマルア・サルトリ(Amalia Sartori)。彼らの宣言では、 研究のためのマーストリヒト BerlinguerとSartoriは、E.Uを介していわゆる欧州研究領域(ERA)の出現を「スピードアップ」する時が来たと言います。 (E.U.指令は国の法律を定められた期限までに揃えるために使用され、加盟国はEUUの目標をどのように満たすかを自由に決めることができる)。

この文書のタイトルは1992年に締結されたランドマークマーストリヒト条約であり、商品、資本、人、サービスの自由な移動を保証する単一の欧州市場を創設した。 8年後、「第五の自由」を創造するというアイデアが浮上した。研究者、科学知識、技術の自由な流通である。 2014年までに、ERAは欧州連合(EU)の研究政策をより一貫したものにし、科学者がボストンからサンディエゴに移住するのと同じようにアテネからパリに簡単に移動できるようにします。

現実は非常に異なっています。 R&D政策は、主に個別のプログラムとルールを持つ個々の加盟国の領域にとどまります。例えば、経営や政治的障壁は、高価な汎ヨーロッパの研究施設を建設して共有することを複雑にすることが多く、国境を越えた移動は非常に魅力的ではありません。

〜で 経過報告 先月発表された欧州委員会は、欧州連合(EU)が2014年の締め切りに至らないリスクを認めている。マレイ・ジオガーガン・クイン研究委員長は、当時、加盟国に再び働きかけることを呼びかけ、「行なわなければならない膨大な作業がある」と述べた。

マニフェストには、国の研究プログラムの調整、年金や社会保障権の国境を越えた取り決めの改善、ある国から別の国への研究助成金の移転など、より進展する方法が記載されています。そして、ブリュッセルからの協力と善意の代わりに法的手段を用いてそうすることを提案した。

マニフェストは、初期の段階でERAコンセプトを擁護していた元リサーチ・コミッショナーのフィリップ・ブスキン(Philippe Busquin)と同様に、研究方針の問題に焦点を当てた他の6人のMEPによって支持されている。

2年前、Geoghegan-Quinn自身は、ERAの創設を、欧州連合(EU)の単一の商品・サービス市場に匹敵させました。しかし、2012年7月、彼女は柔らかなアプローチに着手し、大学や研究機関とのERA契約を締結しました。 「私の政治的本能は、ERAに関する立法案を検討することでしたが、特に、加盟国は、ERAがより柔軟な対策を講じる機会を与えることを望んでいると確信していました」と、来年の任期を終えるGeoghegan-Quinn氏は、「私は後継者の立法ルートを除外しない」と述べた。

いずれにしても、これは国家の研究システムや機関の合併ではないと彼女の広報担当者は言う。法律は迅速な修正ではなく、複雑なものになります。我々は市場ではなく研究システムを扱っています」と彼は言います。

ベルギーのルーベンカトリック大学の法学教授であるE・Uの専門家であるKurt Deketelaere氏Geoghegan-Quinnは、一般的に政策を支配したい加盟国からの抵抗を促す複雑な立法プロセスを立ち上げる時間がなかったと述べている。結束していない協定は、新たな原動力と問題の可視性をもたらした、と彼は言う。

しかし、「立法措置を取らずに5番目の自由を創造できると想像するのは非常に純粋です」とDeketelaere氏は付け加えます。これらは、科学者やアイデアの自由な流通を妨げる国に挑戦するための特別なルール(例えば、研究設備の購入のための年金の権利や付加価値税率)や広範な枠組みの指令である可能性がある。

欧州大学協会(EUA)は確信していません。 「立法措置は、大学部門の必要な変化を促進する最善の方法ではないかもしれない」とEUAの研究パートナーシップの責任者であるリディア・ボレル・ダミアン(Lidia Borrell-Damian)は述べている。 Borell-Damianは、1999年以来、上から下に課されるのではなく、徐々に「ボトムアップ」措置を講じて行われた、ヨーロッパ全体の高等教育を調和させる、いわゆるボローニャプロセスの例を挙げている。

研究機関と資金調達機関のグループであるサイエンス・ヨーロッパは同様の注意を喚起しているようだ。 「それは時期尚早です」と高級政策担当者SébastienHuberは言います。ヒューバー氏は次のように述べています。「研究レベルでのヨーロッパのクロスカントリーコラボレーションは、米国における州間の共同作業と同様です。ネガティブに焦点を当てるのではなく、ヨーロッパはその強みを発揮し、国間の連携を模索するのではなく、多様性のあるアプローチを維持すべきである。

EU。首脳は来週の欧州理事会でERAについて議論する予定だが、5月の欧州議会選挙後、来年委員会が更新されるまでは具体的な行動はないだろう。

Loading ..

Recent Posts

Loading ..