コウモリが次のSARSパンデミックを運ぶかもしれない

2002年11月には、中国南部で突然新たなウイルスが出現しました。 SARSと呼ばれる病気は1年足らずで33カ国に広がり、8000人以上の人々が病気になり、700人以上が死亡しました。今や研究者らは、ヒト細胞に感染することができる中国のコウモリと密接に関連するウイルスを初めて分離したと言う。 「これは現在、中国では、人々に直接感染して、他のSARSパンデミックを引き起こすウイルスを持っているコウモリがいることを示しています」と、ニューヨーク市のEcoHealth Allianceの著者と社長の一人であるPeter Daszakは述べています。

科学者らは、サル(重症急性呼吸器症候群)を担当するコロナウイルスのようなコロナウイルスの自然の貯水池であると長年疑っています。この動物はニパやヘンドラのような多くの危険なウイルスの原因となっており、またエボラと関連している 新しいコロナウイルスはMERSと呼ばれるSARS様の病気を引き起こす 。 2005年にDaszakらは、3種の中国の馬蹄型コウモリでSARSウイルスとよく似たウイルスDNAを発見しました。しかしながら、これらのウイルスゲノムの配列は、SARSコロナウイルスのものと88〜92%同一であったが、いわゆるスパイクタンパク質をコードする領域に顕著な相違を示した。 SARSウイルスでは、このタンパク質は、その侵入を媒介するヒト細胞の表面上の受容体に結合する。その違いは、バットウイルスがヒト細胞に感染することができないことを意味した。また、ヒトのSARSウイルスとほとんど同じウイルスを保有していることが判明したため、ほとんどの研究者が、SARSがコウモリからハチ目に広がったと信じるようになりました。おそらく、これらの動物や他の動物が密接に接触する中国市場それから人間に。

今や、新しい研究は、死骸がSARSパンデミックを開始するために必要でないかもしれないことを示唆している。中国、オーストラリア、米国の科学者は、中国南部の昆明の洞窟で、馬蹄のコウモリから肛門綿棒や糞便のサンプルを採取した。彼らは、サンプリングされた117匹の動物のうち27頭でコロナウイルスRNAを検出した。ウイルスの中には、特に重要なスパイクタンパク質をコードするゲノムの部分において、バットで以前に同定されたものよりもSARS株に似ているコロナウイルスの2つの新しい株があった。科学者たちはまた、動物の1つから生きたウイルスを単離することもできた。実験では、今日オンラインで報告されています 自然 彼らは、 ウイルスに感染したブタおよびバット腎臓細胞、およびおそらくより重要な、ヒト肺を覆う細胞

新しい結果は、オリジナルのSARSウイルスが、コウモリ大学ウイルス学者イアン・リプキン(Ian Lipkin)博士(作業に関与していなかった)によると、コウモリがコウモリから直接的にヒトまたは中間宿主に移動したかどうかを決めることはできない。しかし、同様のコロナウイルスは「中間宿主なしで人々に感染する可能性がある」ことを示しています。

それは誰にとっても警告だとDaszakは言います。 SARSウイルスが死者によってヒトに飛んできたとしても、その中間停止は必要ではない、と彼は主張する。コウモリはまだ中国で狩られ、大量に食べられていると懸念している。 "私は人々がコウモリを狩りを止め、コウモリを食べるのを止めるべきだと思う。"

しかし、ミネソタ大学の感染症研究と政策センターのディレクターであるマイケル・オステルホルム博士は、科学者は、可能性と自然界の可能性を区別するように注意しなければならないと言います。例えば、バット狂犬病は人間の組織に容易に感染し、多くのコウモリがウイルスを運ぶと彼は言う。 「もしそれが感染のために十分であれば、私たちはすべてアメリカのバット狂犬病で死に至るはずだ」しかし、感染したコウモリが人間に噛み付いた場合に限り、このウイルスを感染させることができます。それはめったに起こらず、米国ではバット狂犬病の事例はごくわずかです。

ドイツのボン大学のコロナウイルス専門家であるクリスチャン・ドロステン(Christian Drosten)も、結果を過大に解釈することに注意している。実験室実験は、ウイルスが実際に人間に感染することを必ずしも意味するとは限らない、と彼は言う。 「受容体の研究や細胞培養はすべてではありません。たとえば、このウイルスを飼い、動物実験で、例えば霊長類に感染するかどうかを確認する必要があります。

Drostenを最も魅了するのは、2012年に中東で最初に報告された病気であるMERSを引き起こすコロナウイルスと平行しており、これまで62人が死亡しています。そのウイルスはまた、細胞培養において様々な種の細胞に感染することが示されている。 「これはMERSの特別な特徴だと思っていましたが、現在このウイルスは同様のパターンを示しています」とDrosten氏は言います。これは、コウモリがコウモリとコウモリの間に存在することを示唆している。将来のパンデミックの予測を試みる場合、このような特徴がウイルス学者をパンデミックの原因となる可能性が最も高い病原体に導く可能性があり、いつかは他のSARSパンデミックの発生を防ぐのに役立ちます。

Loading ..

Recent Posts

Loading ..