多発性硬化症を引き起こす難しい分子が見つかったかもしれない

多発性硬化症患者の脳

Mehau Kulyk / Science Source

私たちの免疫細胞は通常、侵入する細菌やウイルスを襲う。しかし、多発性硬化症(MS)では、免疫細胞は神経系を標的とする。今や、研究者らは、これらの攻撃を引き起こす自己抗原と呼ばれる長年に亘る分子を突き止め、潜在的な新しい治療法を指摘しているかもしれない。

ドイツのミュンヘンで開催されたMax Planck Institute of Neurobiologyの神経免疫学者Hartmut Wekerle氏は、この研究には関係していない神経細胞学者Hartmut Wekerleは次のように述べています。

研究者らは、免疫系が誤って脅威として扱う体内の正常な分子である自己抗原がMSを引き起こす可能性があると長い間考えてきました。主な容疑者は、ミエリンのタンパク質であり、ミエリンは、この病気の患者で侵食される神経の断熱材である。しかし、何年もの調査の末、科学者は分子を特定することができませんでした。

スイスのチューリッヒ大学病院の免疫学者Roland MartinとMireia Sospedraとその同僚らは、他の候補者を発見するために、MSで死亡した患者由来のT細胞として免疫細胞を分析した。 T細胞は通常、侵入する微生物に属するアミノ酸がほんのわずかしか含まれていないタンパク質断片に遭遇したときにスイッチオンされるが、MSを有する人でもオンになる。

研究者らは、どのタンパク質断片が患者のT細胞を刺激したかを調べるために、それぞれが300億種類の断片を含む200の断片混合物を試験した。最も強力な作用を示す2つの断片は、グアノシン2リン酸-L-フコース合成酵素と呼ばれるヒト酵素の一部であることが判明した。これは、記憶を寝かせ、血液型を決定するまであらゆるものに関与する糖を細胞が改造するのを助ける。 MSと診断されたか、またはこの疾患の初期症状を示したかのいずれかを有する31人の患者のうちの12人からのT細胞 また酵素に反応する 、研究者は今日オンラインで 科学翻訳医学 。さらに、試験された8人の患者のうちの4人からのT細胞は、最近提案された腸内細菌 病気を引き起こすのを助けるかもしれない

しかし、アイオワシティのアイオワ大学の免疫学者Ashutosh Mangalamは、「腸内微生物の角度は少しばかりです」と述べています。酵素を産生する細菌の中には、健康な人よりもMS患者に豊富に存在しないものがあります。

しかし、ボストンのブリガムアンドウィメンズ病院の神経免疫学者、ハワード・ワイナー氏は、「これは非常に洗練された技術を使用した非常によく行われた研究です」と総括しています。

グアノシン二リン酸-L-フコース合成酵素は脳に広く存在するが、ミュンヘンのルードヴィヒ・マクシミリアン大学の神経免疫学者、ラインハルト・ホールフェルド氏は、これまでにはこれまで候補となったことはなかった。この発見は、「興味深い新しい方向への第一歩」であると彼は言う。

グアノシン二リン酸-L-フコース合成酵素が、分かりにくいMS自己抗原の1つであると判明した場合、それを用いて患者を投与すると、アレルギーの発作がブタクサのような物質に反応するのを防ぐのと同じように、花粉症、Sospedraは言う。彼女と彼女の同僚は、来年、MS患者さんとこの戦略をテストし始める予定です。

Loading ..

Recent Posts

Loading ..